クルクミン 摂取

クルクミンの上手な摂取方法は?


スポンサードリンク

クルクミンを上手に摂取するためのポイントを覚えて健康に役立てましょう。

 

肝臓を丈夫にする他、動脈硬化の予防や美肌効果もあるというクルクミンですが、上手に摂取するためには2つの壁が立ちはだかっています。

 

一つは水に溶けにくい性質を持っていること。もう一つは、体内への吸収率が非常に低いことです。

 

消化管から吸収されるのは全量の0.1%未満という研究報告もあるほどです。

 

そのため、ウコンを大量に摂取しても栄養成分として体に吸収されるクルクミンはごく僅かという結果になります。

 

それでは、健康に十分と思われるクルクミンを摂るために大量のウコンを摂れば良いかというとそうもいきません。大量摂取による副作用の問題を考慮すれば、ウコンを大量に食べることは避けるべきです。

 

ターメリックを使った料理をする時は、黒コショウを使うとピペリンという黒コショウの成分が吸収率を上げると言われています。できるだけクルクミンをより効率良く摂取するには、胡椒と油を使って調理するのがお勧めです。ただし、動物性脂肪の摂り過ぎはコレステロール値の上昇を招くので、不飽和脂肪酸を豊富に含むオリーブ油などの植物性油を積極的に使いましょう。

 

現在、クルクミンの吸収率をアップさせる研究がさかんに行われ、分子をナノ化して製剤化したカプセルなどが作られています。ナノ化とは、分子量の大きな物質を極小化する技術です。今後ナノ化すると吸収率がアップすることが実証できれば人々の健康に大いに役立つことでしょう。


スポンサードリンク

クルクミンの上手な摂取方法は?関連ページ

クルクミンってどんなもの?
クルクミンとはウコンの成分やカレーのスパイスでおなじみのターメリックの成分です。ポリフェノールの一種で様々な健康効果を持つ栄養素です。
クルクミンにはどんな効果と効能があるの?
クルクミンの効果と効能は肝臓に対するものだけではありません。様々な健康効果やアンチエイジング効果等があります。
クルクミンはどのくらい摂取すればいいの?
クルクミンが体に良いといってもどのくらい摂取すれば良いのでしょうか?ここではクルクミンの必要摂取量について説明しています。
クルクミンに副作用はないの?
クルクミンには副作用はあるのでしょうか。ウコンを摂取する際には注意が必要です。