クルクミン 効果 効能

クルクミンにはどんな効果と効能があるの?


スポンサードリンク

クルクミンの素晴らしさは、一種類の病気や特定の臓器の健康に良い働きをするのではなく、消化器系、神経系、循環器系、皮膚など体全体にオールラウンドに良い働きをすることです。

 

中でも良く知られているのは肝臓に対する効果でしょう。

 

クルクミンの肝臓に対する効果は、肝機能や肝臓の解毒作用の向上、胆汁の分泌の促進、肝炎や黄疸の症状に対する効能、肝障害の予防などがあります。

 

そのため、二日酔いにかかりにくくなり、かかっても症状が軽くて済みます。

 

クルクミンには、整腸作用や消化不良改善など消化器系の不調にも効果があります。

 

血行に対する効能は、悪玉コレステロールの酸化を抑制して動脈硬化の進行を予防することが知られています。血栓ができにくくなり全身の血流が良くなるので、糖尿病の合併症予防にも良い働きかけをします。紫外線を浴びた皮膚がメラニン色素を作ってシミやシワができるのを防いで皮膚を健康に保つ働きもあります。

 

クルクミンは、さまざまな部位にできるガンの発症を予防する効果もあると言われています。ヒトに対する有為性を立証するために、現在さまざまな研究機関がクルクミンの研究を行っています。もし今後の研究で本当にガンを予防できたら世紀の大発見ですね。

 

さらに驚くべき報告があります。クルクミンは神経系に働きかけて脳の物質の変異を予防してアルツハイマー病にかかりにくくなるというのです。今後の研究によって効能の全貌が明らかになる日が待たれます。


スポンサードリンク

クルクミンにはどんな効果と効能があるの?関連ページ

クルクミンってどんなもの?
クルクミンとはウコンの成分やカレーのスパイスでおなじみのターメリックの成分です。ポリフェノールの一種で様々な健康効果を持つ栄養素です。
クルクミンの上手な摂取方法は?
クルクミンを効率的に摂取するにはどうすれば良いのでしょうか?ここではクルクミンの上手な摂取方法について書いています。
クルクミンはどのくらい摂取すればいいの?
クルクミンが体に良いといってもどのくらい摂取すれば良いのでしょうか?ここではクルクミンの必要摂取量について説明しています。
クルクミンに副作用はないの?
クルクミンには副作用はあるのでしょうか。ウコンを摂取する際には注意が必要です。