クルクミン 効果 効能


スポンサードリンク

クルクミンの効果と効能@エントリー一覧

クルクミンは肝臓にイイ?
クルクミンを含む商品の代表はウコンです。ウコンには、春ウコンや秋ウコン、紫ウコンなど様々な種類がありますが、クルクミンを多く含むのは秋ウコンです。ウコンを含む健康ドリンクが人気商品になったことで、クルクミンの肝臓に対する効能も有名になりました。しかし、クルクミンが肝臓に良いというのは昔から東洋医学では常識でした。ウコンは、肝機能強化や胆汁分泌を促進させるための生薬として、肝炎や胆道炎を訴える人に処方されていたのです。漢方では、ウコン5gから10gを煎じたものを半量に煮詰めて1日数回服用します。肝...
クルクミンでダイエット?
健康に良いと評判の植物栄養素、クルクミンを豊富に含むターメリックを料理に混ぜて半年の間に22キロ痩せた女性が 「魔女たちの22時」で紹介されました。これをきっかけに、ターメリックの有効成分、クルクミンが一躍有名になりました。普通は22キロも痩せると、皮膚がたるんでしまいます。しかし、ただ痩せただけでなく美しく健康的にダイエットできたのが大きな話題となったのです。クルクミンがダイエットに効果があるのはいくつかの理由が考えられます。一つは、脂肪分の過酸化を防ぐ働きです。過酸化と減量にどういう関係があ...
クルクミンは癌に効く?
クルクミンは癌に効くという話を聞きます。しかも、肝臓ガン、肝ガン、皮膚ガン、大腸ガン、肺ガン、乳ガン、腎臓ガン、前立腺ガンと多岐に渡る効果があるというのです。現在、日本人のガンで最も死亡者数が多いのは、男女ともに肺ガンです。肺ガンは、発症してから癌を発症していることに気付いた時は手遅れのことも多い病気です。少しでも肺ガン発症のリスクを減らしたいという人にとって、クルクミンは見逃せない栄養素の一つです。この抗ガン作用は、クルクミンが小腸の腸管から吸収された後に体内で変化してできるテトラヒドロクルク...
アルツハイマーに効く?
クルクミンは日本で一番発生率が高い認知症、アルツハイマーに効くと言われています。アルツハイマーに効くと言うのには2つの意味があります。一つは発症を予防するという意味、もう一つは発症した場合に病気の進行を抑えて症状を快方に向かわせるという意味です。アルツハイマーは、脳内にタンパク質の一種、アミロイドベータが変質するのが原因と言われます。アミロイドベータが何らかの原因で繊維状に結合すると、毒性を持つようになり周囲の脳神経細胞が死滅するのです。しかも、いったんアミロイドベータの結合が始まるとその後加速...
糖尿病に効果アリ!!
クルクミンは、不治の病と重い形容詞をつけて呼ばれることのある糖尿病に効果アリ!!と言われます。なぜこれほど医療分野が進歩しているのに糖尿病は治りにくいか、それは病気の初期に自覚症状がなく、気が付いた時は病状がかなり進行しているからです。炭水化物が分解してできるブドウ糖をエネルギーに変換する能力が衰えて、血液内に大量のブドウ糖が溜まります。この状態は高血糖と呼ばれ、糖尿病の始まりです。そのままならどこも痛みはないのですが、恐ろしいのはそれがきっかけで起こるさまざまな合併症です。特に腎臓や眼など、細...