クルクミン

アルツハイマーに効く?


スポンサードリンク

クルクミンは日本で一番発生率が高い認知症、アルツハイマーに効くと言われています。

 

アルツハイマーに効くと言うのには2つの意味があります。

 

一つは発症を予防するという意味、もう一つは発症した場合に病気の進行を抑えて症状を快方に向かわせるという意味です。

 

アルツハイマーは、脳内にタンパク質の一種、アミロイドベータが変質するのが原因と言われます。アミロイドベータが何らかの原因で繊維状に結合すると、毒性を持つようになり周囲の脳神経細胞が死滅するのです。しかも、いったんアミロイドベータの結合が始まるとその後加速度的に増殖して認知症の症状が進行するのです。

 

まだ動物実験の段階ですが、アミロイドベータの溶液にクルクミンを加えると脳神経の繊維化が止まることがわかりました。それだけではありません。アルツハイマーを発症して繊維化したアミロイドベータがクルクミンによって分解することも確認できたというのです。

 

クルクミンを含む食品の代表は、スパイスのターメリックです。カレーやタンドリーチキンなど、料理にターメリックを良く使うインドは、アルツハイマーや痴呆症の発生率が他の国よりはるかに少ないことも、クルクミンの摂取量とアルツハイマーの発生率に関連があるのではないかと言われる根拠の一つとなっています。

 

クルクミンは体への吸収率が低いので、痴呆症予防や症状改善のためには、吸収率の良い良質の健康食品を摂るといった工夫が必要です。


スポンサードリンク

アルツハイマーに効く?関連ページ

クルクミンは肝臓にイイ?
クルクミンの効果で有名なのが、肝臓に対する効果です。
クルクミンでダイエット?
クルクミンには、ダイエット効果があります。美しく健康的に痩せるためには、ぴったりの栄養素かもしれません。
クルクミンは癌に効く?
クルクミンは癌に効果的だと言われています。ガン発生の原因である、フリーラジカルを抑制する効果があるからです。
糖尿病に効果アリ!!
クルクミンは糖尿病に効果があると言われています。血栓の生成を促進させる「血小板活性化因子」の働きを妨げる作用があるからです。