クルクミン 癌

クルクミンは癌に効く?


スポンサードリンク

クルクミンは癌に効くという話を聞きます。しかも、肝臓ガン、肝ガン、皮膚ガン、大腸ガン、肺ガン、乳ガン、腎臓ガン、前立腺ガンと多岐に渡る効果があるというのです。

 

現在、日本人のガンで最も死亡者数が多いのは、男女ともに肺ガンです。肺ガンは、発症してから癌を発症していることに気付いた時は手遅れのことも多い病気です。少しでも肺ガン発症のリスクを減らしたいという人にとって、クルクミンは見逃せない栄養素の一つです。

 

この抗ガン作用は、クルクミンが小腸の腸管から吸収された後に体内で変化してできるテトラヒドロクルクミンという物質がガン発生と深い関わりのあるフリーラジカルを補足するためだと言われています。

 

フリーラジカルとは、他の分子から電子を奪い取る原子や分子のことです。分子を引き離すと細胞の分子構造が壊れるので遺伝子が破壊されます。ガン細胞の発生は遺伝子が壊れて突然変異の細胞が発生するのが原因なので、フリーラジカルの発生を抑制することがガン発生の予防や進行を抑えるために欠かせないのです。

 

このように、フリーラジカルを減らしてくれるテトラヒドロクルクミンが体内で活発に働けば、ガン細胞発生のリスクを大きく減らせる可能性があると考えられています。実際に、テトラヒドロクルクミンは大腸ガンや腎臓ガンに対する抑制作用がすでに明らかになっています。体に良い自然食品を効果的に摂ることで癌の発生を抑制できる日が来るのも、そう遠いことではないかもしれませんね。


スポンサードリンク

クルクミンは癌に効く?関連ページ

クルクミンは肝臓にイイ?
クルクミンの効果で有名なのが、肝臓に対する効果です。
クルクミンでダイエット?
クルクミンには、ダイエット効果があります。美しく健康的に痩せるためには、ぴったりの栄養素かもしれません。
アルツハイマーに効く?
クルクミンにはアルツハイマーを予防する効果と改善させる効果があると言われています。
糖尿病に効果アリ!!
クルクミンは糖尿病に効果があると言われています。血栓の生成を促進させる「血小板活性化因子」の働きを妨げる作用があるからです。