クルクミン

糖尿病に効果アリ!!

クルクミン

クルクミンは、不治の病と重い形容詞をつけて呼ばれることのある糖尿病に効果アリ!!と言われます。

 

なぜこれほど医療分野が進歩しているのに糖尿病は治りにくいか、それは病気の初期に自覚症状がなく、気が付いた時は病状がかなり進行しているからです。

 

炭水化物が分解してできるブドウ糖をエネルギーに変換する能力が衰えて、血液内に大量のブドウ糖が溜まります。この状態は高血糖と呼ばれ、糖尿病の始まりです。そのままならどこも痛みはないのですが、恐ろしいのはそれがきっかけで起こるさまざまな合併症です。特に腎臓や眼など、細い血管が密集している部位に血行障害が起こりやすいのが特徴です。神経障害を起こすこともしばしばで、痛みや熱さに対する知覚が鈍くなるので、ちょっとした怪我が悪化して壊疽(えそ)を起こすことも珍しくありません。

 

クルクミンが糖尿病に効く理由は、血栓の生成を促進させる「血小板活性化因子」の働きを妨げる作用があるからです。合併症が進行するかどうかは、血管の健康が大きく作用します。血糖値が高くなると、血液の粘度が高まり血液が流れにくくなるので非常に血栓が出来やすい状態になります。血栓は、動脈硬化や心疾患、脳梗塞の原因になるので、血栓の予防は糖尿病の合併症の進行を防ぐ上で大いに役立ちます。

 

どれだけ合併症が怖いかというと、成人になってから失明する原因第1位は網膜症、人工透析をする原因となる病名で最も多いのは腎症と、進行して重篤な症状を起こしやすいからです。

 

糖尿病にかかっている日本人は、予備軍と呼ばれる血糖値が高めの人も含めると1500万人近いと言われ、いまや生活習慣病の中で最も気を付けなければいけない病気です。日頃からクルクミンを摂る習慣を持ちたいものですね。



スポンサードリンク

糖尿病に効果アリ!!関連ページ

クルクミンは肝臓にイイ?
クルクミンの効果で有名なのが、肝臓に対する効果です。
クルクミンでダイエット?
クルクミンには、ダイエット効果があります。美しく健康的に痩せるためには、ぴったりの栄養素かもしれません。
クルクミンは癌に効く?
クルクミンは癌に効果的だと言われています。ガン発生の原因である、フリーラジカルを抑制する効果があるからです。
アルツハイマーに効く?
クルクミンにはアルツハイマーを予防する効果と改善させる効果があると言われています。