クルクミン 肝臓

クルクミンは肝臓にイイ?

クルクミン,肝臓

クルクミンを含む商品の代表はウコンです。ウコンには、春ウコンや秋ウコン、紫ウコンなど様々な種類がありますが、クルクミンを多く含むのは秋ウコンです。ウコンを含む健康ドリンクが人気商品になったことで、クルクミンの肝臓に対する効能も有名になりました。

 

しかし、クルクミンが肝臓に良いというのは昔から東洋医学では常識でした。ウコンは、肝機能強化や胆汁分泌を促進させるための生薬として、肝炎や胆道炎を訴える人に処方されていたのです。漢方では、ウコン5gから10gを煎じたものを半量に煮詰めて1日数回服用します。

 

肝臓は、体重の50分の1と人間の臓器で一番大きく、体重が60キロの人なら重量が1200gもあります。肝臓はアルコール分解をする器官というイメージがありますが、実際には食べ物から摂取した糖分や脂質、タンパク質を蓄えて効率良くエネルギーに変換する大事な働きを担う臓器です。

 

もう一つの重要な働きは、有害物質の分解や解毒作用です。アルコールも、分解しなければ体にとっては有毒物質です。肝臓の働きが弱ると体内で有毒物質がどんどん溜まってしまうのです。この解毒作用を助けてくれるのがクルクミンです。

 

ただし、クルクミンを含むウコンの大量摂取を続けると、逆に肝臓を傷つけてしまうことがあるという報告があります。二日酔いに良いからといって、毎晩深酒を繰り返しながらウコンドリンクやウコン茶を飲むような行為は避けましょう。



スポンサードリンク

クルクミンは肝臓にイイ?関連ページ

クルクミンでダイエット?
クルクミンには、ダイエット効果があります。美しく健康的に痩せるためには、ぴったりの栄養素かもしれません。
クルクミンは癌に効く?
クルクミンは癌に効果的だと言われています。ガン発生の原因である、フリーラジカルを抑制する効果があるからです。
アルツハイマーに効く?
クルクミンにはアルツハイマーを予防する効果と改善させる効果があると言われています。
糖尿病に効果アリ!!
クルクミンは糖尿病に効果があると言われています。血栓の生成を促進させる「血小板活性化因子」の働きを妨げる作用があるからです。